<< なでしこL杯1部第9節 その差は歴然としてあり | main | なでしこL杯1部第10節 チャンスをモノにするチカラ >>

アマサカ、夏休み

2016.08.04 Thursday

8月に入り、つくばFCの男女トップチームは公式戦の中断期間に入りました。学校が夏休みになるこの時期は、2〜4種年代の大会が集中開催されることもあって、リソースがそちらに振られているんですね。佳境に入るリーグ戦とその先のカップ戦に向けて、チームもサポーターも"夏休み"です。

目標を現実的に切り替えたい【ジョイフル】

ジョイフル本田つくばFC
第50回関東サッカーリーグ1部 4位(勝点26、8勝2分5敗、得失点差+10)
第52回全国社会サッカー選手権大会関東予選 代表決定
第19回茨城県サッカー選手権 1回戦敗退

リーグ戦の逆転優勝へ向けてひた走っていたジョイフルですが、中断前の最終ゲームとなった流経大FC戦で痛恨の敗戦。残り3試合で首位・東京23FCと9ポイントとなり、優勝の目はほとんど消えてしまいました。中断開けの初戦がその東京23戦なので、勝ち点差をキープして首位叩きといきたかったんですが。

後期第2節から第5節まで4連勝。結果は出ていましたが、前半に低調な試合展開となることが多く、後半から終盤にかけて一気にギアを上げて逆転するという試合が続きました。こういう粘り強さは評価できるんですが、逆に序盤でスコアの差をつけられると難しい展開になってしまう。自分たちのミスで試合を難しくしてしまう一面も見られ、優勝争いに長く絡むことができませんでした。

もちろん現時点で可能性が完全に消えたわけではありませんが、目標を切り替えて気負わず足場を固めることも大事なことだと思います。まずは現在の4位をキープすること。その上で、3ポイント差の3位・市原を上回ることが現実的な目標になるでしょう。リーグ戦の最終順位は来年の全社予選の組み合わせに関わるので、可能な限り上の順位でシーズンを終えたい。JFLを見ると、栃木ウーヴァが残り8試合で残留圏まで10ポイント差の15位と厳しい状況で、関東リーグに降格となればそれだけで来季の序列が下がってしまうので、来年を有利な立場で戦うために3位は確保したいところです。

このほか、6月に行われた全社関東予選は、2試合連続の完封勝利で本大会の出場権を獲得。一方、天皇杯の県予選では、同じ関東1部の流経大FCに延長の末に敗れ、今年も本大会出場はなりませんでした。流経大FCには半月の間に2度敗れたことになります。大学リーグに参戦しているトップチームとの入れ替えがあって、選手層の厚い大学チームの地力を見せ付けられる格好になってしまいました。

ホームの力で残留を勝ち取りたい【レディース】

つくばFCレディース
2016プレナスチャレンジリーグEAST 5位(勝点16、5勝1分9敗、得失点差-12)

レディースはレギュラーシーズンの全日程を終えました。目標としていた4位には惜しくも届かず、順位決定プレーオフは下位リーグにまわります。過酷な残留争いが、まだ続くことになりました。

勝負を分けたのは、第14節で北海道に負けたことと、上位の鴨川、大和、常盤木から稼いだポイントの差でした。中位リーグいきを争った北海道が、監督交代後に脅威のV字躍進を果たしてこの3チームから11ポイントを奪った一方で、つくばは最終節での3ポイント止まり。スコア・内容ともに差をつけられての敗戦が多く、実力不足ということがはっきりしてしまいました。結果、4位にはわずかに3ポイント届かず。

前半戦の終わりに「軸になる選手が離脱してしまう野が一番怖い」と書きましたが、シーズン後半戦でそれが立て続けに起きてしまったのは不運でした。藤井、亀井、柿木、國香、原島と、主力級が一気に負傷離脱してしまったのは間違いなく痛手だった。ジョイフルのように代わりに他の選手が台頭すれば凌げたんですが、特にバックラインは選手層の薄さを露呈してスクランブルの連続になってしまいました。攻守両面でキープレイヤーを欠いてしまって、福浦監督も思うようにチームビルドができなかったと思います。

幸い、プレーオフの初戦までは1ヶ月以上のインターバルがあります。この間にしっかり身体を休めて怪我を癒し、もう一度チームの形を確立して、万全の体制でプレーオフに臨んでもらいたい。プレーオフは、3試合のうち2試合がホーム開催。地元の声援を受けて、ぜひ3連勝で残留決定といきましょう。

また、プレーオフ後の9月後半には、皇后杯出場をかけた関東女子選手権があります。関東の出場枠は8つ。厳しい戦いになることは必至ですが、なでしこリーグ勢との対戦という"財産"を手に入れるために、気を抜かずに戦っていきましょう。

遠征が増えそうです

さて僕自身の話を少しすると、6月7月でジョイフルのアウェイに2試合、レディースのアウェイは1試合行ってきました。ジョイフルは赤羽と龍ヶ崎なので大したことありませんが、レディースは新潟まで行ったのでちょっと大変だった(笑) プレーオフ唯一のアウェイもまた新潟になっちゃったので、どうやって旅費を安く抑えようか思案しています。

今後は、まずなんといっても10月の全社です。愛媛での開催で、しかも会場が広範囲に散らばっているので、割り当てがどうなるか今から戦々恐々としております。8月中には組み合わせが発表されるとのことなので、遠くに吹っ飛ばされないことを祈るばかり。それによって交通や宿泊の手配も変わってくるしね。


遠征は、つくばFCだけでなくてジェフレディースもありますから折り合いが大変です。今週末は大阪に行くことにしましたし、その試合の結果如何で月末に神戸に行くことになるし、さらに11月からは皇后杯が始まります。つくばFCレディースも皇后杯本戦を目指して戦うし、1〜3回戦あたりが関東近郊で開催されることはほとんどない(昨年の1回戦とかホント酷い!)ので、ここも遠征になる。ああー、お金と時間が足りない!

ま、しばらくはお休みです。それなりの準備はしとかないといけませんが、お盆はゆっくり休んで、秋のクライマックスシーズンに備えようと思います。まだ先は長いからね。

JUGEMテーマ:サッカー



| at 18:26 | PermaLink | サッカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
supporting
stella cadente.netは、

ジェフユナイテッド市原・千葉
千葉ロッテマリーンズ
つくばFC


を応援します。

ばぐー

故郷・地元スキー。
categories
entries
archives
search
Feed