<< あれから21年 〜1.17を"知らない"僕ら〜 | main | なでしこ1部第13節 女神さまがそっぽを向いた >>

なでしこL杯1部決勝 2個目の銀メダル

2016.09.06 Tuesday
2016 プレナスなでしこリーグカップ1部
決勝 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース●0 - 4○日テレ・ベレーザ
2016/09/03(Sat.) 19:30 味の素フィールド西が丘

いくつもの強豪チームに打ち勝って、辿り着いた決勝戦の舞台。4年ぶりにめぐってきたタイトル獲得のチャンスを逃すまいと、気合を入れて西が丘に向かいました。お昼に明治神宮で必勝祈願までして自分に発破をかけて。そうして全力をかけて臨んだ一発勝負のファイナルでしたが、やはり最強チームの壁は厚かった。



前半は互角の展開に見えました。お互いに大きなチャンスがありましたが、集中した守りで最後のフィニッシュは自由にさせなかった。ジェフは中盤の運動量でベレーザに起点に常に圧力をかけ、プレーの自由を奪うとともに、高い位置でボールを奪ってショートカウンター気味にベレーザのゴールを強襲することも多かった。記録上シュートは2本しか打てていませんでしたが、ゴールに迫っている感じはしていた。だから、このまま押し込んでいけば点は取れると、タイトルに近づけると思ってました。

ところが、前半のベレーザは、ギアをまるで上げていなかったのです。55分に先制点を奪われると、そこから怒涛のゴールラッシュ。両サイドからの流れるようなピンポイントクロスとボックス内の「点の勝負強さ」に屈して、10分間で3失点。この時間帯のジェフの選手はとにかく気が落ちてしまって、プレスにいく一歩が出ず、自陣で仕掛けてくるボールホルダについていけず、山根さんも飛び出しを躊躇してしまい、自陣の危険なエリアを完全に制圧されてしまっていました。最初の失点がミス絡みだったというのも影響したかもしれない。ここでグッと我慢できれば趨勢も変わったでしょうが、ギアをトップに入れたベレーザの威力はすさまじく、一気に畳み掛けられてしまいました。

その後、システムを3-5-2、さらに3-4-3に変更して、攻撃にかける人数を増やしてゴールを目指しましたが、パスやボールタッチ、フィニッシュの精度がわずかに足りず、最後までネットを揺らすことは出来ませんでした。山根さんも、田中美南に激しいチャージを受けながらも立ち上がって最後まで懸命にプレーしましたが、劣勢を跳ね返すことは出来ず。4年ぶりのタイトル挑戦は、またも準優勝という結果になりました。

悔しさしかありませんでした。レディースの試合に多く通うようになってからはじめてのタイトルへの挑戦権。ホームでもアウェイでも、タイトルを目指して選手たちが必死に走る姿を見てきましたから、どうしても勝ちたかった。試合後、喚起に沸くベレーザの脇で、涙もなく呆然と見つめる櫻本さんの後姿が強烈に焼きついています。準優勝、日本のNo.2という結果は立派なものに違いありませんが、最後の最後、ジェフレディースのみんなに笑ってほしかったなって、みんなで思いっきり喜んで締めくくりたかったなって思います。

さて、ご贔屓の上野紗稀ちゃんですが。

決勝戦も90分間フル出場。スタートは定位置の左サイドバックでプレー、システムがスリーバックに変わってからは左サイドハーフにポジションを上げて、ゴールを強く意識して走り続けました。運動量そのものは終盤まで落ちず、タイトルを目指して奮闘しましたが、届かず。




まず守備の形をしっかりセットして相手にリズムをつかませず、耐える中からチャンスを作って攻めにいこうというスタンスは、この試合でも変わりませんでした。バックラインとして左サイドの守備を安定させることからスタート。深澤さんとの連携から前をうかがいつつ、攻撃のチャンスを待っていました。劣勢の終盤にはポジションを上げて、得意のドリブルから何度もバイタルエリアに侵入。アタッカーとして非常に大きな存在感を示したことは確かです。

劣勢の終盤、ボールを持ってペナルティボックスに上がっていくと、鋭い切り返しで清水を振り切り、ニアサイドを狙って右脚を思いっきり振りぬきました。パワーも十分に乗った良いシュートでしたが、わずかにコースが甘くなって山下に弾かれてしまった。ドリブルからシュートまでの流れも完璧で、ゴール裏からでもゴールへのイメージがきれいに見えたくらいです。間違いなく今季最もゴールに近づいた瞬間でした。

左サイドバックのスペシャリストとして守備に磨きがかかり、なおかつアタッカーとしての存在感も発揮できている。今季の成長曲線は、想像をはるかに超えています。願わくば、これは近いうちに結果として結実してほしい。そのときを楽しみに、これからもスタジアムに駆けつけようと思います。

早いもので、今週末にはもうリーグ戦が再開します。リーグでは現在7位、入替戦圏まで6ポイントと、予断を許さない状況です。カップ戦での勢いと成長を足がかりに、残り1ヵ月半のリーグ戦を、右肩上がりで戦っていきましょう。僕も、微力ながら精いっぱい後押ししたいと思います。

JUGEMテーマ:サッカー



| at 20:16 | PermaLink | サッカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
supporting
stella cadente.netは、

ジェフユナイテッド市原・千葉
千葉ロッテマリーンズ
つくばFC


を応援します。

ばぐー

故郷・地元スキー。
categories
entries
archives
search
Feed