<< ジェフレディースとサッカーをしよう! | main | ポッドキャストの日 >>

なでしこ1部第14節 腰を据えねば

2016.09.26 Monday
2016 プレナスなでしこリーグ1部
第14節 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース●0 - 1○アルビレックス新潟レディース
2016/09/25(Sun.) 13:00 デンカビッグスワンスタジアム
7位(勝点17)→7位(勝点17)

個人的には今年3度目の新潟遠征となりました。ベストピッチに何度も選出されているビッグスワンでなでしこリーグを見られるのは、大変に素晴らしいことです。この日はJリーグとのダブルヘッダー開催で、公式では8800人を超える人たちに女子サッカーを見てもらうことができました。女子チームを持っていない鹿島のサポーターもたくさん見ていましたし、ほんの何人かでも興味を持ってもらえていたらいいなと思います。

後半戦に入っていまひとつ調子の上がっていない新潟が相手でしたが、しかしジェフのチーム状態も良好とはいえません。カップ戦で好調を維持した勢いはどこへいってしまったのか、チーム全体の連動性やフットワークがずいぶんと落ち込んでしまっています。この日も上尾野辺と斉藤有里を中心に絶妙の距離感でワイドなサッカーを展開する新潟に、試合の主導権を握られリズムを作られ続けてしまいました。特に前半はほとんどポゼッションをとれず、シュートはわずか1本。はっきりと「残留争いをしているチーム」のサッカーになってしまっています。

中でもボランチの西川彩華のパフォーマンスの低さが、本当に気になります。リーグ戦再開以降スタメン出場が続いているものの、セントラルMFとしての役割を果たせているとはとても言い難い。高さがあるのでハイボールの跳ね返しには貢献できていますが、平面でのファーストディフェンスやクリアランス、スプリント勝負では常に後手にまわってしまっています。とりわけ、味方のパスを受けてから次のプレーへの判断スピードが致命的に遅くて、ここにプレスをかけられてボールを失う場面が多すぎる。チームの"心臓"の位置がこうなってしまうと、攻守両面で大きな影響が出てしまうのです。

にっしー自身のポテンシャルは高いはずなんです。高校時代の活躍は言わずもがな、ジェフレディースに入団してからも随所に技術の高さやセンスの良さを見せていますから、決してできないということではないはず。ポジション適性なのか戦術との相性なのかはわかりませんが、見ているほうとしてもなんとも歯がゆい思いなんですよ。僕はにっしーには本当に期待していて、このチームでそのポテンシャルを遺憾なく発揮してほしいと思っているので、復活してくれる日を心待ちにしています。

試合を通じて圧倒的に攻められつづけ、最後にはやはり持ちこたえられずに押し切られての失点。あの展開ですから、ネットを揺らされるのは時間の問題ではありました。苦しい試合で結果も伴わず、選手たちは一様に沈痛な面持ちでロッカールームに引き上げました。なんとか浮上のきっかけをつかんでほしい。そう願うしかありません。

さて、ご贔屓の上野紗稀ちゃんですが。

今シーズン初めてベンチからのスタートになりました。73分に左サイドバックで途中出場して全試合の出場はキープしましたが、残念ながらシーズンフルタイム出場はならず。今季は大きなケガもなくずっと好調を維持してきていたので、残り5試合というところで記録が途切れてしまったのは惜しいことです。



古巣対決でレフトバックに入っていた美里さんに代わって、残り20分の推進力増強を任された上野ちゃん。ですが、すでに中盤を制圧されてチーム全体の運動量が相当消費していた中では、連携からアタッキングサードに飛び出すこともままならず、効果的な仕事はできませんでした。もう1列前だったらなーと思わなくはないですが、同点の場面では深澤さんも菅澤さんも必要でしたし、あんちゃんを下げるなら入れるのは鶴ちゃんだったと思うので、結果的にこの辺の采配も上手くいかなかったという印象です。専門職っていうのは難しいよね。あるポジションを極めていけば唯一無二の存在感を発揮できる一方で、今回のように「使い勝手がよくない」という一面も出てしまう。それはもう仕方ないことで、自分の強みとコンディションと、そのときのチームのリズムや戦術をいかにマッチさせていけるかってことだと思います。

あ、そういえば、この日はめずらしく髪をお団子にしてました。髪型は気分で決めてるそうなんですけど、ひさしぶりのデーゲームで、気温も予想外に上がって暑かったし、いつものポニーじゃしんどかったかもですね。上野ちゃんのお団子はなかなか見られないレアものなので、ちょっと得した気分でした(笑)

リーグ戦は残り4試合。INACや浦和といった地力のあるチーム、湯郷に伊賀という残留争いの直接のライバルがそろっています。気は抜けないし、皇后杯につなげるためにいい試合をしてほしいけど、なによりひとつでも多くの試合を、笑って終わりたいなって思います。がんばりましょう。

JUGEMテーマ:サッカー



| at 20:45 | PermaLink | サッカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
supporting
stella cadente.netは、

ジェフユナイテッド市原・千葉
千葉ロッテマリーンズ
つくばFC


を応援します。

ばぐー

故郷・地元スキー。
categories
entries
archives
search
Feed