<< 年末年始ダイジェスト | main | ちばぎんカップ まだまだ道半ば >>

情熱と野心を胸に

2017.01.16 Monday

2017シーズンに臨むジェフユナイテッドの新体制が発表されました。昨年からリニューアルされたファン感謝イベント「キックオフフェスタ」は、地元アイドルのライブやお笑いのショーなどもあって、楽しくにぎやかに行われました。真冬の野外に長い時間いるのはなかなか大変だけど、真面目な部分と楽しむ部分とメリハリもあったし、これはこれでいいんではないかな。

今オフの選手動向ですが、昨オフが大変激しかった分ある程度落ち着いた印象になりました。オナイウ阿道や井出といった生え抜き選手がJ1に移籍してしまったのは残念ではあります。井出なんかはユースのころから見てるし、思い入れも強いからね。新戦力は、清武、熊谷、羽生など2列目の選手を重点的に補強しています。現時点ではセンターフォワードがおらず前線が心もとない印象ですが、高橋GMによれば「外国籍選手の獲得を目指して交渉している。ヨーロッパのウィンドウを狙っているので、キャンプ中にはお知らせできると思う」とのこと。UEFAの移籍ウィンドウは1月31日24時(日本時間2月1日午前8時)までなので、もうすこし時間がかかるかもしれません。A契約枠、外国籍枠ともにまだ余裕がありますから、効果的な補強が成功するといいですね。

新監督に招聘されたフアン・エドゥアルド・エスナイデルは、現役生活と指導歴のほとんどスペインで過ごしたとのこと。アルゼンチン代表の経歴もある43歳です。若いですね。かつてジェフを指揮した木山さんのひとつ下になります。現役時代には「El tanque(戦車)」という愛称がつくほど強いインパクトを残すアタッカーだったそうで、今季も始動以来とてもハードなトレーニングが繰り返されているようです。「1日1日のトレーニングに全力を」という方針の下、翌日以降のスケジュールやメニューを一切公開しないやり方。心身ともに「強い」集団を作ろうと奮闘してくれています。

現有戦力の背番号には大幅な変更はありませんでしたが、町田也真人が10番を背負うことになったのは特筆すべき点でしょう。昨年大ブレイクして、6年目を迎える今季は満を持してエースナンバーをつけます。既に中堅、1年1年が勝負の年になってきますから、今年も期待したい。また若手の出世番号とされてきた29は、清水時代に長くこの番号をつけた山本海人になりました。背番号に特別な意味を持たせることもない、ということかな。2番と9番、13番が空いていますが、9や13あたりには外国籍選手が入ってくるのかな。

チームは今週末に沖縄入りし、糸満と南城で約2週間の春季キャンプを実施します。昨年に続いてニューイヤー杯にも参加するとのこと。公式戦の初戦は、恒例のちばぎんカップになります。今年は土曜日開催。柏でのアウェイゲームになりますが、J1で地力のあるレイソルを相手にチームの成熟度を図る絶好の機会です。楽しみです。

一方のレディースチームは、今オフは4人が退団。最も衝撃的だったのは、フェスタの前日に突然発表された"絶対エース"菅澤優衣香の浦和レッズレディース移籍でした。2013年に新潟から加入して以来、通算109試合で56ものゴールをもたらし、2014年/2015年には2年連続でリーグのトップスコアラーを獲得。昨シーズンは開幕当初からのケガの影響もあって思うような結果が出ずリーグ戦は5ゴールと振るいませんでしたが、それでも大事な場面で大事なゴールを決めてくれる選手でした。今季は復活を期すシーズンと期待していたんですが、非常に残念な思いです。

新加入は4人ですが、事実上2人ということになりますね。昨年の状況を考えると、率直に言って前線・中盤・最終ラインとどこをとっても心許ない。ジェフレディースは例年積極的な補強に動くことがありませんが、現状では降格候補の筆頭になってしまうでしょう。現有戦力の成長が見込めるのか、戦術面でカバーできるのか、先行きはまったく不透明。昨年以上に厳しいシーズンになりそうです。

背番号は、9や11など重要な番号を持つ選手が退団したので、そこに期待の若手が入りました。9番は筑波大卒の2年目ストライカー、横山亜依。11番には常盤木学園出身の3年目アタッカー、三橋明香が指名されました。2人とも昨年はケガがちで思うように出場機会を得られず、しかし出場したわずかな試合では好印象を残しています。迫力の欠ける攻撃陣を牽引する存在として、期待も責任も大きくなりますね。

ところで、ご贔屓の上野紗稀ちゃんですが、キックオフフェスタには「所要のため」欠席でした。レディースの新体制発表で根本さんの次に櫻本さんが出てきちゃったので、理由判明まで本当にドキドキしましたですよ。サポ仲間には「死人の顔になってた」って言われたよ(笑)。本当に覚悟していた今オフですが、引き続きジェフレディースの2番を背負って戦ってくれるようです。それどころか、今季からはなんとチームキャプテンを務めるとのこと!年末に放送された千葉テレビ「Win By All!!」では「(2017年は)チームを引っ張る選手になる!」と力強く宣言していましたが、まさかこういう意味だったとは梅雨ほども想像しませんでした。ライフステージが変わって大変な1年になる中で、これはなかなか覚悟のいる決断。いろいろな部分で強烈なプレッシャーのかかる1年になると思いますが、変わらず笑顔で駆け抜けてくれることを期待しています。

レディースはこの週末から始動し、2月中旬には恒例になったなでしこ交流戦に参加します。リーグ戦の開幕は3月25日。前述のとおり厳しいシーズンになりそうですが、昨シーズンはそれでもタイトル獲得まであと一歩に迫りました。今年も同じように「ジェフレディースらしさ」を見せられるよう、がんばってほしいと思います。

JUGEMテーマ:Jリーグ



| at 18:14 | PermaLink | サッカー | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
supporting
stella cadente.netは、

ジェフユナイテッド市原・千葉
千葉ロッテマリーンズ
つくばFC


を応援します。

ばぐー

故郷・地元スキー。
categories
entries
archives
search
Feed